FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

がん治癒へのステップ3 アロマで腫瘍が消えた話 【海外のヒーリングセンターに学ぶ】


海外でがんセンターを運営してる友人に聞いた話です。

アロマオイルの中でとても精油のグレードが高いものがあり、それを用いることでクライアントさんの腫瘍が消えたという話をたびたびしてくれました。

たとえば乳がんの患者さんがフランキンセンス+ラベンダーを用いて患部にぬっていたら、腫瘍が消えたそうです。お医者さんもびっくりしていたそうです。

一見信じがたい話のようですが、古代ではアロマオイルというのを医療的な処置として利用していました。たとえば古代のエジプト文明やインド文明などでは精油を用いて病気を治していました。インドのアーユルベーダにもさまざまなオイルを用いた解毒方法が伝承として残っています。

友人が用いているアロマオイルをつくった人物(ゲリーヤング博士)は、アメリカ人の男性なのですが、彼自身が以前車椅子の生活していましたが、アロマオイルによって治ったそうです。そこからアロマオイルの研究をして症状別のオイルの使用方法を教えています。

『エッセンシャルオイル総合医学ガイド』という本にはさまざまな施術方法が載っています。

以下に代表的ながんに対する効果的なオイルの例を引用して書き出します。
※必ず医師に相談の上行うこと。初期あるいは予防に効果が期待できる

乳がん→ラベンダー・クローブ・フランキンセンスなど
子宮がん→サンダルウッド・ヒソップ・セージなど
大腸がん→オレガノ・マウンテンセボリィ・タイムなど
肝臓がん→フランキンセンス・ラベンダー・レモンなど
りんぱがん→フランキンセンス・クローブ・セージなど

詳細な内容はぜひ本にて参照してください。

☆☆☆

さてアーユルベーダに詳しい先生におしえてもらったごま油を用いた解毒方法をためそうと思ったのですが、詳細がわかりませんでした。ごま油の種類やマッサージ方法などにおそらくルールがあると思いました。

そこで友人から教わったアロマのマッサージ手法にレインドロップトリートメントというのがあり、それをかわりにやってみようと思いました。レインドロップの最後には蒸しタオルで温シップというのがあるので、温熱をすると効果が増すということを思い出したからです。

そこでレインドロップトリートメント+赤外線ドーム(スマーティ)を友人3人にためしてみました。オーラ画像の結果はまだ見ていませんが、終わったとに体内がちくちくする、ひりひりするなどというコメントをもらいました。

ここでレインドロップというトリートメントについて説明したいと思います。

体内に悪い菌は通常背骨で冬眠しているそうです。免疫力がぐっと落ちると、菌は体内で増殖し、生命活動の結果毒素を排出するそうです。そのため臓器の働きが弱められ、さまざまな症状が出てくるそうです。

そこでレインドロップトリートメントは背骨で冬眠している菌類をアロマの力で殺菌し、背骨から追い出してしまうという療法です。本の中には背骨の曲がっている人のレントゲンに菌類が住んでいるという写真の例も掲載されています。

この療法は日本ではアロマセラピストやヒーリングサロンなどで導入されていますが、アメリカではカイロプラクティスの施術師なども背骨のそく湾に対応するために導入しているそうです。

背骨を施術する理由は、おそらく私個人の予想ですが、血流が体中の血管とつながっているからではないかと思いました。また背骨には神経があり、ヘルペスなどの菌類は神経にすんで増殖するということからなのかなぁとも思います。

レインドロップトリートメントは11種類というたくさんの種類のオイルを用いて直接精油を体に塗布していきます。これは通常のアロマセラピーでは直接塗るというのは行わないですが、ヤングリビング社のオイルがとても純粋で品質が高いため皮膚に塗っても問題が出ないといわれています。

精油によって殺菌し、さらに温熱によって免疫機能をあげるのは、体にとてもいいと感じています。

今日知人に、岩盤浴のドームでアロマのミストが出る施設があることを聞きました。これはとてもいい組み合わせなんじゃないかなと感じました。私も機会がありましたら、体験してみようと思います。
スポンサーサイト

寝ているだけで薬品臭い汗が沢山でてきた デトックスに最適なスマーティという装置

友人にオーラスキャンをしたところ、腎臓や肝臓に炎症のサインが出ていました。

これをアーユルヴェーダに詳しい知人に相談したところ、ごま油で全身マッサージした後に温熱療法をするとよいと教えてもらいました。その方はスマーティという遠赤外線ドームをもっていたので、お願いしてレンタルし、友人数人を招待して温熱療法をためしてもらいました。

ごま油のマッサージの代わりにアロママッサージを行いました。これについては次の記事で詳しく書きます。

スマーティは40度前後でたとえるとこたつの中に首だけ出して寝ているような感じの暖かさです。20分くらいすると、汗がじわりと出てきます。普段汗をかかない人はこの汗が出る時間が遅くなるようでした。

最初は手足や胸などの普段よくかく部分がじっとりとしてきます。しかしそこからさらに時間が経過すると、次第に汗腺が開いて、そこからぶわーっと蒸気のような汗が出てくる感覚がします。ドーム内はやがて自分のかいた汗でサウナのような蒸気がでてきます。

途中でおなかや内臓あたりにひにんやりとした”冷たい水”のようなものが流れたり腸が収縮したりして、そのうち体にたくさん冷たいものが流れるような感覚がしたあとで、皮膚がぷわーっと開いてそこから汗が出ていきます。すると体内が芯からあたたまるのです。

体験者を外から見ていると、顔からまるでサウナに入っているように汗をびっしょりを書いて蒸気を発散させています。そして顔がぴんくになってまるで子供のようにつやっぽくなっています。

足裏が冷えて困っていた人が終わったあとに足裏から暖かくなり、また心臓が悪く高血圧の薬を飲み続けていて手の指先がしっかりと曲がらなかったのに、まがるようになったと驚いていました。冷たく流れていなかった場所が血行がよくなったからのようでした。

体中の汗腺が開いてもうこれで汗はでないと思うくらいまで我慢し、(約40分程度)、終了してドームをあけると、汗の蒸気が空中に拡散します。下にしいているシートは汗でびっしょりで、そして匂うと変な薬品のような臭いにおいがしました。ちょっと気持ち悪いです。

しかし汗は思ったよりべとべとせずに、肌がすべすべしています。そして外は寒いのに薄着でも体の心からあったまっているので、まったく寒さを感じませんでした。これは思い出す限り自分でも始めての感覚でした。お風呂やサウナにどんなに長く入っても、これほど芯からあたたまったことはないように思います。

この装置は特許をとった特別な性能により、温度をあげずに心臓に負担をかけずに、楽なままで汗を流すことが可能になるそうです。そして体内に有害な毒素を周波数のようなものを使って振動で排出させているそうです。

アロマの成分をたくさん体に塗りこんでドームに入った人は、オーラカメラで炎症が出ていた部分がドームに入ったことでさらにちくちくしてじんじんするような感覚をかんじたといいます。アロマの成分が体内にいきわたり、通常のアロマオイルマッサージよりもさらに浸透力が増したみたいだねという話をしていました。

出てきた人たちは私も含めてみな体がすっきりして、体調が著しく好転してよかった~とほほをぴんくにそめて、笑顔で満足していました。

しばらく継続して続けてもらったのちに、再びオーラ画像でエネルギー変化を検証してみようと思っています。

がん治癒へのステップ2 がん治療に対するデトックスの重要性! 【海外のヒーリングセンターに学ぶ】

前回の記事にて、毛髪ミネラル検査のことを書きましたが、友人に昨日爪検査+サプリメント療法というのがあるという話を聞きました。

なんでも、毛髪検査は染色などをしていると、化学成分が混入し正確なデータが出ないことがあるので、爪だとより正確に検査ができるんだそうです。

時間のあるときにでもまた詳しく調べてみようと思います。

☆☆☆

さて、なぜデトックスが重要であるのかについてまたその方法について述べたいと思います。

以下はオーラカメラで見た乳がん患者のエネルギー写真です。

cancer.jpg

画像の中の紺色の部分は毒素であり、赤は炎症を示しています。

がんの方に対するヒーリングセンターを運営している友人いわく、がん患者は体内に沢山の毒素をもっているといいます。これが映像でも確認できると思います。

これらの毒素は人体に有害な物質などもありますが、体内に住む悪い菌(カンジダ、イースト、ヘルペス、歯周病菌等)の出した毒素も含まれているそうです。

免疫が下がると、体内にすんでいた悪い菌類が大繁殖するそうです。これらの菌が増殖すると以下のような症状が出てくるといわれています。

○体が急激に疲れれやすくなる
○血糖値のアンバランス
○抵抗力の低下
○下痢・便秘
○いらいらする・おこりっぽい
○消化不良
○胃潰瘍・大腸炎
○体重の増加・減少
○アレルギー
○尿感染
○かゆみ(直腸・皮膚)
○頭痛
○湿疹・みみずばれ・ちくちくするかゆみ・ヘルペス(水ぶくれ)

悪い菌というのは体内で増殖した結果、悪い毒素を排出するそうです。これらが体内にたまるため毒素を排出する必要があるそうです。

これらの菌は体が酸性になると増殖するため、もし抗生物質などで菌を殺したとしても、本格的に食べ物などを変えて体質を改善していかないと、体内で冬眠し、ストレスなどで免疫が落ちたときに再び増殖するそうです。(特に乳製品・白砂糖・動物性たんぱく質などを食べ続けると菌類が増加するようです)

写真で見る限り、体内に蓄積された毒素を排出していくには、相当の努力が必要といえそうです。この患者さんは半年間徹底的に食べ物と生活スタイルを改善しデトックスなどを行い電気クリスタルセラピーを受け続けた結果、すっかり健康をとりもどしました。

がんセンターを運営する友人は次のような方法でデトックスを行っています。(食べ物についてはあとでまとめます)

1 フットバス(足裏から毒素が出るタイプのもの)

2 遠赤外線ドーム(スマーティ)

3 アーユルベーダ式のオイルマッサージ

 
1→通常の健康な人だとだいたい10回前後行い続けると水がにごらなくなるそうです。
   色が透明になったら、毒素が排出しきったサインです。
   この方式は体に負担をかけずに楽に毒を排出できるそうです

2→スマーティを私も体験しました。体験談をあとで書こうと思います。
  この装置に入って温まると、30分程度で皮脂腺を通して大量の汗が流れ出て、その汗には沢山の有害な物質が含まれているそうです。サウナのように熱くなりすぎず、特殊な赤外線を使って毒素を排出させるので、心臓に負担をかけずに楽に毒素を排出できます。

3→これについては、私個人が体験がないので詳しくかけませんが、インドではごま油によって全身をマッサージしたあとにサウナで汗を流すことで毒素を排出させるという療法があるそうです。

友人いわく、1や2を継続してやり続けることで、おどろくほどすっきりとするそうです。同時に食べ物による療法を行うことで、免疫力をあげて抵抗力をあげることができます。

これらは症状をもつ人でなくても、現代人では誰でも手軽に実行でき、健康を維持できる療法だと思います。









がん治癒へのステップ① 毛髪ミネラル検査から体内の毒素を確認する 【海外のヒーリングセンターに学ぶ】

がんセンターを運営している友人は毛髪ミネラル検査を勧めています。

毛髪ミネラル検査を実行すると、体内のミネラルの成分がひとめでわかります。

☆体にとって必要不可欠な成分がいったいどれだけ足りないのか。
☆体にとって害のある有害物質がどれだけたまっているのか。

これによって、何が足りなくて、何が不必要なのかが、ひとめでわかるそうです。

イギリスの栄養学によると、抗がん剤などの薬を摂取すると、その分必要なミネラル分が体内から流れ出るため、副作用がおこるそうです。ですから薬を常用している人は特にミネラルを補充していく必要があります。

自分の体内にて、かけている栄養素があれば、それらを重点的に補充するようにすれば、手当たり次第にサプリメントを摂取しなくても、必要なものがひとめでわかります。

ビタミン剤などを過剰に摂取しても体に悪い影響を与えるそうなので、一度自分の体質を知っておけば、食べ物などもがらりと変化することと思います。

友人は何度も何度も毛髪検査をして、いまだに毒素がたまっているのが出てくるそうで、発見するとデトックスするというプロセスをけっこう長いこと続けているそうです。どんどん健康になっていくのがわかるそうです。

毛髪ミネラル検査は郵送でも可能ですし、最近は行っているところも増えてきています。これをやることで、自分の体に必要なことがひとめでわかるので、お勧めです。

がん治癒へのステップ 【海外のがんヒーリングセンターに学ぶ】

オーストラリアで電気クリスタルセラピーを学んだときクラスに仲の良い友人ができました。彼女は長年がんの患者さんに対してコンサルティングを行っていて、数百人のお客さんがいるそうです。

彼女自身、以前がんにかかり、死の淵をさまよいました。長いことまったく寝たきりの生活で、死ぬことばかりを考えていたそうです。

そんな中である一人の牧師さんと出会い、ヒーリングを学び、死の淵から生還します。その後彼女は医師に頼らずさまざまな療法を自分でためし、良いものだけを取り入れて、無事にがんを克服します。

彼女自身の体験から効果のあったものを人々に伝え続け、多くの人々にアドバイスを続けてきました。彼女は今、特にがん予防に力を入れていて、セミナーなどで健康になるためのこつを教え続けています。

彼女は同時にオーストラリアの世界遺産として指定されている地区にて、B&Bを開設し、健康に関する指導を含むメニューを取り入れています。特にがんの方たちのためのワークショップを開催するために準備中です。

彼女の目標は、お金をかけずにがんを治すことにあり、スーパーマーケットでレメディを手に入れるという斬新なアイディアをまとめて本を執筆中です。長年学んできたアーユルベーダの健康法を元にしつつ、最新の科学研究なども考慮しながら、まとめているそうです。

私が伝え聞いた範囲にて、彼女の勧めるがんの方のためのヒーリングメニューを紹介していきたいと思います。


経絡の存在がイマイチ信じられなかった鍼灸師の友人が驚いた話 ~気の流れの数値化

友人が鍼灸の資格を取り働き始めました。

彼は経絡やつぼのことを学びましたが、イマイチ信じられないのだといいます。

なぜかというと、先生によって鍼を刺す深さや場所が違っていたりするし、お客さんの様子を見ていても、本当に効いているのか、しっくりこないというのです。

経絡というのは体内を流れるエネルギーの道のことで、経穴は経絡が体の外に出はいりする小さなエネルギーの渦(チャクラ)のことのようです。

電気クリスタルセラピーの開発者であるイギリスのハリー博士は、キルリアン写真をものすごく研究していました。さまざまな写真をとっていくうちに、手の表面に存在する穴のような点を見つけました。それが経穴だとわかったことから、目に見えない領域であるオーラの研究をするようになりました。

治療に生かすことはできないだろうか?と研究した結果、キルリアン技術を大幅に発展させて、キルリアンガンという人体エネルギーを視覚化する装置を開発しました。これはオーラカメラ(pip)の前身で、ロンドンの病院で診断装置として利用されるようになりました。

私がオーストラリアにセミナーに出ていたときに、博士に次のような質問をしました。チャクラの中にどうもたくさんの束があるように感じて、チャクラはどうやら経絡のよせあつめのものなんではないかと思うのですが・・・

博士は”そのとおりです”と大きくうなずいてくれました。

チャクラを施術するとそことつながっている経絡がびりびりして、体の別な領域まで電気のようなものが流れるという感想をよく聞きます。経絡は体内にも体外にも存在するように思います。人体は目に見えないエネルギーのラインが網の目のように走っていて、ヒーリングを深く研究したスキルを持ったヒーラーなどはこのラインを見ることができるそうです。

鍼灸師の友人の話を聞いたのち、周波数測定装置を用いて、彼の手のひらの周波数を測り、数字を見せてあげました。機械を手の平に向けて数字を計るとしっかりと数字が計測されます。手のひら以外を測定すると、数字はあらわれません。明らかに気の流れが存在しているのが、数字になってあらわれます。

数字も必ずしも一定ではありません。体内の箇所によっていろいろと変わってきます。その数字の違いから乱れとか、流れの大きさとか、つまり具合とかがわかるんだよという説明をしました。

彼はその数字をだまって眺めていました。何かが腑におちたような様子でした。

通常ではまったく目には見えない、存在さえも感じなかったエネルギーというものが本当に存在しているというのを体感するのは、まったくもって神秘的です。同時に新しい世界への入り口が開けてきます。

どんどん扉を開いていって、スキルをつけていってほしいなぁ~と思いました。




免疫をあげるエネルギーを施術したら胸がすーすーして暖かくなった 胸腺の刺激で免疫UP

先日オーラ画像で診断した方2名に今日は波動療法の施術をしました。

一人目の方は最初は話半分だったそうなのですが、先日のオーラ画像があまりにもあたっていたのでびっくりして、施術もやってみたいと興味深々の様子でした。

のどと手のエネルギーブロックを癒すために青の水晶を選んで施術をしましたが、いまいち反応がありません。

次にもともと弱い肝臓を施術しましたが、本人はまったく何も感じないといいます。しかし私の目線で見ると、エネルギー反応がちゃんと出ていました。あとになって施術のあたりがあたたかくなってきたようでした。

最後に胸腺の刺激をしました。先日見たときに、ハートの渦(チャクラ)が乱れていたので、うんと刺激してみようと思い高い周波数をあたたところ、『あっ!』と声をあげられ、すーすーと空気が胸から入るようになったといい、暖かくなってきたそうです。そして、『これが気っていうものなのか・・・』と考えこんでいるようすでした。

体の中にいくつかそれらの渦が活性化されたら、体内にたくさんエネルギーが流れるようになって、気の流れがよくなって、新陳代謝がよくなり、健康が増すんですよ~と説明しました。

ハートチャクラ(胸腺)は免疫ホルモンと対応していて、ここのチャクラが乱れると、免疫力がさがってきます。電気クリスタルセラピーの理論では、がんの患者さんやエネルギーが大きく落ちている方に対する施術には、必ずこのチャクラを刺激して免疫力を向上させようと努めます。からだが病気と闘う力をあたえ、消耗した全身のエネルギーを再構築し、抵抗力をつくります。

人間の魂の深い本質ともつながりの深い神聖な場所であり、人間の体の中でもっとも重要なエネルギーの一つです。

★★★

二人目はのどの炎症がひどかった方で、背中の経絡が大きく乱れていました。

のどのチャクラに対応する青の水晶を選んで施術をしていると、すぐに反応がありました。のどの奥がじんじんして、重くなったということでした。おそらく炎症をおこしているリンパ腺に反応したのだと思いました。

そのままじっとしていたら、びくんびくんとのどの奥が振動しはじめ、しばらくしたら、背中の痛かったところが小刻みに振動しはじめたとのことでした。

前回オーラカメラでみたときに背中の経絡が赤く炎症をおこしていたのですが、その部分がじんじんと振動しはじめたということでした。痛みがなくなるまで我慢して、経絡のじんじんするひずみがなくなったら、かなり楽になるよと伝えました。20分程度の施術でしたが、すごく体が軽くなったのがわかったそうです。

毎回思うのですが、エネルギー反応を示されると、私は心の底からうれしさがこみあげてきます。電気クリスタルセラピーの開発者であるハリー博士は、みなつながっているということを何度もセミナーの中で伝えていましたが、きっと微細なエネルギーの世界では人々は、お互いに深く影響を与え合っているのだろうなと感じました。

人々が、水晶の力によって出される微細な心地よいバイブレーションを感じて、心おだやかになる時間を共有できたら素敵だなぁと思っています。そんなときをもてるようにがんばっていきます!


テーマ : ガン治療
ジャンル : ヘルス・ダイエット

和温療法 ~鹿児島大学医学部の教授が開発した心筋梗塞の方に対する効果的な療法

今日テレビを見ていたら、和温療法という温熱療法についてのドキュメントが放送され、くいいるように見ていました。

この療法は鹿児島大学の医学部の教授が長年心筋梗塞の患者さんに対して効果的な方法はないかを研究し続け、多くの患者さんに効果を出している療法です。

余命残りわずかの心臓を患う患者さんが、どうしても温泉に入りたいと希望されたため、危険のないようにしっかりと安全を確保しながら温泉につかってもらったところ、つかるたびに体調が好転していったという経験から、この療法の研究を始められたということです。

和温療法は3つのステップを踏みます。

①60度の熱で体をあたためる(サウナに寝て全身をあたためる)
②体を冷やさない程度に横になって安静にする
③水をたっぷりと飲む

これだけのことなのだが、おどろくほど効果をあげているのだそうです。

体調不良の方たちは最初はまったく汗をかかないけれども、回数を重ねると汗が出るようになり、たっぷりと汗がでるたびに循環がよくなり、体調がどんどんよくなるんだそうです。

最近がんが高温で死滅するということから温熱療法がとても注目されてきています。
これは血液の循環がよくなることで、体内にいる菌が死滅し、すみずみまで血液がいきわたるようになるのだそうです。

オーストラリアのがんセンターを運営している友人に聞いた話なのですが、これは毒素排出と大いに関係していると思われます。(彼女はセンターに岩盤浴やスパやサウナを取り入れています)

体の中の毒素や老廃物は、体の中でもっとも重要な臓器から遠ざかったところに蓄積されるそうです。このことで体の安全を守っているそうです。

それらがたまる場所は皮膚の皮脂のところなどで、心臓から遠い腕や足などに蓄積されていくそうです。

ですから、体内にたまった不要なものや毒素を出すには、汗を流すのが一番適しているんだそうです。もし毒素がたまりすぎたら血管にまわって臓器集められそこから排出されます。これは適切な化学物質を体内に接種することで排出されていきます。(毒素を排出する力のある物質は植物性のたんぱく質やアミノ酸などです)

臓器によって毒素を排出すると、臓器にとても負担をかけてしまいます。そこで毒素排出は汗をかいて出すのが一番体に負担がかからず、また排出しやすいそうです。

温熱療法の効果はおそらくそこにあるのではないかと思いました。

温熱療法を開発した教授によると、温泉やお湯につかると心臓に負担がかかるので、サウナのような状態で温めるようにするのだそうです。

汗をかかなくなったら、もしかしたら皮脂に余分なものがたまっているのかもしれません。
そんなときは温熱療法のようなものを試してみるといいのではないでしょうか。

ちなみに私は個人的には砂風呂が大好きです。
しかし自分が入ったときもそうですが、知人に薦めて感想を聞いても、ものすごく気分が悪くて頭がくらくらしたという感想が多いです。それだけ毒素がたまっているんでしょうね(笑)

テーマ : ガン治療
ジャンル : ヘルス・ダイエット

がんのオーラ画像によく見えること ~腫瘍のオーラ

<電気クリスタルセラピーの関連資料より引用>

がん腫瘍のオーラを見ると、よくオーラのもりあがりができているそうです。
※こんなかんじです。(イメージ図)



気の流れがそこだけ独立しています。全体と調和せず、細胞が異常増殖をはじめます。
非常に高い周波数で活動し、体のコントロール中枢からの指令を受け付けなくなっています。

電気クリスタルセラピーではこのような場合細胞を抑える周波数をあて、がん細胞の増殖を抑えることを試みます。並行して全体の気の流れにもどすために本来の周波数をあて細胞が本来の機能を行うことができるようにします。

もっとも気をつけなければならないのは、がん細胞を刺激したり促進させないように、そこにエネルギーを与えないことです。腫瘍には決して直接ふれずに周囲を取り囲むように施術します。

テーマ : ガン治療
ジャンル : ヘルス・ダイエット

真剣なお願い 

私がこのブログを始めた理由は、がん治療および現在の医学では対処ができなくて困っている方々に対して電気クリスタルセラピーの療法のことを伝えたかったからです。

セラピストとしてまだまだ未熟な私です。
しかし今後真剣にこの療法を日本やアジアに伝えて行きたいと考えています。

実際の活動を始めるにあたり、私がもっともこの療法を薦めたい方々がいるのですが、それらは現在の医学では対処が困難と言われている方々なのです。

電気クリスタルセラピーの施術事例では数々の多くの奇跡的な成功事例があります。
そのためぜひ多くの人々に試していただきたいと思っているのです。もちろん効果を完全に保障することはできません。

しかしながら、実際にこの療法を公共の場で伝える手段がないのです。新聞に広告を出そうと思ったのですが、がんや難病を外してくださいと言われてしまいました。

またオーラやエネルギー画像はまだまだ人々には理解しかねるらしく、人の多く集まる場所での広告掲示もなかなか難しいのが現状です。

人づてに○○のところの○○さんががんになったんだってと聞きました。しかし見ず知らずの方なので名乗り出て療法を試してもらおうと思っても、面識のない方に対して、ずけずけとおしかけても、プライバシーの侵害になるかもしれないと思い難しいのです。

そうこうしているうちに、その方は亡くなってしまいました。

もしかしたら、少しでも痛みを和らげてあげられたかもしれない。何かしらできたかもしれない。

英国では実際に、がんの患者に対してこの療法は使われていて、痛みを和らげたり、症状を抑えたり、あるいは本当に回復したりという数多くの事例を伝え聞いています。

いったいどうしたら、いいのだろうか・・・

私の心は相当この問題で悩みました。

結局、がんで悩んだ方が、少しでも痛みをやわらげる方法はないのか、情報をつかむ場所はネットの世界しかないと思いました。ブログを探したら、たくさんの方々の心の声、痛みの叫び、苦しみとつらがが伝わってきました。がんなどの病気に悩む方々は数多くいらっしゃるのです。

知人が最近がんになり、病院に入院しました。毎日ひたすら数多くの方々ががん手術にやってきては去っていくと言っていました。

これらの方々にいったいどうしたら、この療法をためしていただけるのだろうか?

今はネットしかないのです。このブログしかないのです。命の綱なのです。

もちろん草の根活動は続けています。

個人的にさまざまな方々とコンタクトをとって、体験してもらい、感想を聞いたりしています。

これから何人かのがん患者の方の施術を開始します。

私ができることをすべてやって、結果を見ながら、情報を公開して、知ってもらうしかないと思っています。

もちろんすべてがいい話ばかりではないでしょう。

でも、やり続けようと思っています。それが情報を伝えられた私の責任です。

今は信じられなくても、私は実際に海外で体験事例をたくさん聞いているのです。

そして、少なくとも、オーラカメラでの診断が広く普及すれば、がんにかかる潜在的な危険や再発の可能性を大きく軽減できると信じています。

この装置は病に苦しんでいる人々を救うために開発され、実際にロンドンの病院で使われているとても有効な装置であり、医療従事者にも使っていただくことを開発者が望んでいるのです。

もし私の活動に少しでも賛同してくださるのであれば、お願いがあります。
ブログのランキングに参加しました。これを毎日一度でいいので、クリックしていただき、ランキングをあげていきたいのです。

http://blogranking.fc2.com/rank/440200_1.html
このリンクを見ると、どれだけ多くの方々が病気に苦しんでいるのかわかっていただけるのではないかと思います。

明日はわが身です。

健康というのはきちんと自分自身で管理をしていかないと維持できないのです。

現代人のライフスタイルの中にリスクがあるのです。

このことをブログの中で伝えていきたいと思っています。

ご協力を心よりお願いいたします。

テーマ : ガン治療
ジャンル : ヘルス・ダイエット

オーラ画像にショックを受ける ~深刻な病気の早期発見 

昨日は希望者3人にオーラ画像をスキャンしました。

3人とも自覚症状があるの状況を知りたいということでした。
一人がカメラの前に立ち、その状況を他の2人と私が見てしました。

一人目は以前から痛いと言っていた箇所ではなく、特に自覚もない場所が炎症をおこしていました。しかもかなり赤くなっています。おなかの部分も見せてもらいました。炎症とエネルギーブロックがある箇所がはっきりとわかりました。

二人目は腕が痛いというので見てみると、反対側の腕にエネルギーブロックがありました。しかもあらたに自覚のない部分の炎症も見られました。その話をすると家族が同じ箇所に病気を持っているということでした。

三人目は痛いという部分とともに、内臓にもエネルギー的な影響がありました。状況は深刻ですぐに対処をしないといけないようでした。病院に行ったか確認すると、”どこに行けばいいのかわからない”ということでした。

まったくそのとおりだと思いました。体の複数個所に問題がある場合は、どこが真因かわからないからです。病院に行っても炎症をおさえる薬をもらうだけでエネルギー自体を改善してくれるのではないということを、見た人はみなわかったようでした。

とりあえず来週から毎日電気クリスタルセラピーで施術をし、かつアロマオイルを利用して炎症と体内にいる菌を自然の力を借りて殺し(私ののどもこれで対応中)、オーラ画像で確認したのち、変化が見られなければ他の療法を研究しながら病院に検査に行くということになりました。

実は私には秘密兵器があるので、それをためしてもらう最初の人々になってもらう予定です。その話をしたら、みなの顔が輝いていました。

この秘密兵器についてあとで研究をまとめて報告いたします。

問題のある部分が見つかった人たちはみなショック口にしていました。
私も一番最初に自分や人のオーラをみたときは、かなりショックでした。
口のまわりが真っ赤だったのです。

でもそのことによって対処ができ、今は口のまわりの炎症はなくなっていました。
映像を見なかったらまったく気づかないでいました。

症状を訴える人の中に歯が痛い人がいて、しかしその人の画像には歯よりも別な部分から影響を受けていることがわかりました。こういう場合は歯医者に行っても治らないのです。

問題が早くわかってよかったねと伝えました。







テーマ : ガン治療
ジャンル : ヘルス・ダイエット

オーラ画像とは?

こちらはオーラカメラ(PIP)で見た人体のエネルギーのイメージ写真です。

▽天空のエネルギーの写真です。太陽のまわりに大きなエネルギーが見られます。このようなエネルギーが地上に降りている場所を人々は聖なる場所として古代より崇めてきました。

PIP 0013

▽のどのエネルギーブロックと炎症の例です。 本来一つの渦が3つに分割されています。20分の施術によって渦(チャクラ)は一つになり正常な位置におさまりました。

PIP 0007

テーマ : ガン治療
ジャンル : ヘルス・ダイエット

肝臓の病気だと思っていたのだけれども意外なことがわかった・・・


本日、肝臓の持病を持っている方のオーラ画像をスキャンしました。

残念ながら画像をアップすることはできませんが、その内容は少しびっくりしました。

のどと手にエネルギーブロックがあったのでした。

本人に確認すると、手はずっと前にすごくいたい時代があったといい、のどは歯が痛くて治療をしたばかりだということでした。

のどの問題について、まったく本人には自覚がなかったので、驚いていました。
とりあえず解析をするとして、のどの問題の対応について話し合いました。

しばらく電気クリスタルセラピーで施術をして、改善が見られなければ、オーラ画像の解析と友人や先生にアドバイスをもらう予定です。甲状腺を整える働きのあるアロマオイルの話をして、歯茎にぬって試してもらいました。

問題の肝臓には問題は見られませんでした。
しかし念のためにイギリスに解析を依頼する予定です。


テーマ : 歯科治療
ジャンル : ヘルス・ダイエット

がん療法はすべてを同時にやる必要がある

がん患者のためのヒーリングセンターを運営しているオーストラリアの友人に聞いた話です。

先の記事で乳がんの女性のオーラ画像を掲載しました。この写真から想像できると思うのですが、がんの治療には一つだけでなく複数のことを一度に行う必要があるといいます。

たとえば食事療法だけだと、体内にたまっている毒素の排泄がおいつかないので、”効果的な方法で”毒素を強制的に排出する必要があります。毒がでなくなるまで徹底的に排泄していきます。

できるだけ臓器の負担を減らすために、食事療法は”必要不可欠”です。毒素排出を助ける食物を毎日とるだけで、かなり改善することができます。また足りない栄養素をきちんと補充していくことが必要で、特に薬を飲んでいるのであれば体内から必要なミネラルが多く流出してしまうので、きちんと補充していかなければなりません。欧米では栄養学がとてもさかんでコンサルタントがいますが、日本ではまだこの分野では専門家が少ないように思います。<これについては後でのべます。>

がん細胞との戦いにエネルギーを費やしているため、体の免疫機能はかなり落ちています。そこで免疫力をあげるためのサポートが有効です。電気クリスタルセラピーの療法では、がんの患者には必ずハートチャクラ(エネルギーの渦)を強く刺激し胸腺からのホルモンを活発にしようと試みます。これによって病気と戦う力が養われます。

最後はなぜがんになったのか?ライフスタイルの改善に努めなければなりません。病気の前と同じ生活スタイルをしていたら、再び同じ負担が体にかかることになります。何が悪かったのか。どこにストレスがあったのか。何を食べていたのか。何が病気に導いたのか。そして何を食べればいいのか。何をすればいいのか。どうすれば満たされ健康が増すのか。自分自身に対して教育をしていくことで医者まかせ、人まかせでなく、自分の健康を管理し、責任をもつことができるようになります。

テーマ : ガン治療
ジャンル : ヘルス・ダイエット

エネルギー状態を視覚化することの重大性 ~がんの予知

電気クリスタルセラピーの資格をとり、数人に施術を行いました。

結果エネルギー状態のバランスが悪く、エネルギー療法だけでは回復が難しいと思われる方について”食事”の改善の話を何度もしてきました。

しかし蓋を開けてみると、食事の重要性はわかってはいても、。実行した人は一人もいませんでした

先日オーラ画像診断を始めて友人に行いました。

友人は自分の画像を見て、”対処が必要”なことを納得したようでした。

このことから、オーラ画像診断の重要性を身にしみました。

明日は肝臓の持病を持っている方のオーラ画像を診断する予定です。

テーマ : ガン治療
ジャンル : ヘルス・ダイエット

乳がんの女性のオーラ画像~電気クリスタルセラピーによる施術の例

英国の雑誌に掲載された電気クリスタルセラピーの施術例です。
(Spirit & Destiny Dec 2002より)

この女性は2つの仕事を持ちヘビースモーカーでストレスのある生活をしていました。
ある日胸のしこりを見つけ検査に行ったところ乳がんを宣告されます。

どん底に突き落とされましたが新聞で見た電気クリスタルセラピーの記事を思い出しロンドンにあるハリーオールドフィールド博士のクリニックを訪れます。

そこでエネルギーの状態を指摘され、免疫システム、エネルギーシステムの再構築のための施術を開始します。傍らで生活スタイルを変え、デトックスに励んだ結果回復し、半年後に撮影されたのが下の写真です。

PIP01.jpg

画像から診断すると、黒い影のようなものは”体内毒素”、赤は”炎症”です。

私のオーストラリアの友人はがん患者のためのヒーリングセンターを開設しています。

彼女いわく、がんの患者はみな体内に毒素をたくさん蓄積しているので、それを排出する必要があるといいます。

彼女のヒーリングメニューには真っ先に装置を用いた毒素排出が行われます。

これらの毒素は健康な細胞ががん細胞と戦って放出された老廃物に加えて、栄養過多のある食生活や体内に取り込んだ有害物質などが含まれているそうです。

常日頃の食生活とデトックスが大切なことがわかる一例です。

テーマ : ガン治療
ジャンル : ヘルス・ダイエット

はじめまして

はじめまして 宮崎に住んでいます。アラフォーです。

30歳までは自分のやりたいことをひたすら追求していました。
念願の海外に住みIT業界で働いていました。
目的地のない旅行に出かけ異文化に飛び込むことで魂を躍らせていました。
ありとあらゆる種類の人と出会う中で自分自身の本質について何かがわかりました。

生まれてから何度も神秘的な体験をし、精神世界やスピリチュアルの道を歩んでいました。

催眠療法やエネルギー療法や占い、霊視など受けながら自分の今後の道を求めていました。
そんなときに夫と知り合い結婚しました。

派遣社員として仕事をしていますが、これではだめだと思い悩むも求めるものが見つからず悩むこと7年。ついにこれまでやってきた英語・IT・ヒーリングを融合した電気クリスタルセラピーと出会いました。

セミナーに向かったオーストラリアで運命の出会いが待っていました。
私のこれからの人生は彼らに学び、ともに働き、日本にホリスティックな療法を普及していくことに注ぎたいと思っています。

私が学んでいる情報が知識だけでなく本当に形になり、体のことで悩む人々の明るい希望の光となることを祈って、更新をしていきます。

テーマ : 健康
ジャンル : ヘルス・ダイエット

最新記事

最新コメント

FC2ブログランキング

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

最新トラックバック

プロフィール

ブルースター

Author:ブルースター
すばらしい出会いがあってエネルギーヒーリングを学んでいます。海外で出会った人々より様々な情報を教えてもらっています。日本にも新しい形のヒーリングセンターができるようにと願いながら情報を更新していきます! *Happy healing*

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。